革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

良い育毛剤を選ぶ基準

良い育毛剤とは何か。
それは自分の髪と頭皮の症状に合ったものといえます。
育毛剤にはたくさんの種類があるので、自分の症状に合った運命の逸品がきっと見つかるはず。
まずは自分の症状を把握していくことから始めましょう。
商品選びに迷ったら、比較ランキングを、参考にしてみてもいいと思います。

薄毛や抜け毛の主な原因と育毛剤の種類を挙げておきます。
毛の根本(毛乳頭)へ栄養が行き届かなくなる原因には、血行促進型の育毛剤。
薬局で一番よく見かけるのがこのタイプ。
血管を広げて頭皮に血液が循環するようにして、毛乳頭に栄養を送ります。

また毛乳頭の栄養不足には、毛母細胞活性化型の育毛剤も効果が期待できます。
これは髪をつくる毛母細胞に直接ビタミンなどの栄養を送って細胞を活性化させ、新陳代謝を高めて発毛を促します。

男性ホルモンが原因の場合は、男性ホルモン抑制型の育毛剤。
20代から30代の男性や更年期を過ぎた女性によくみられます。
女性ホルモンが髪をつくっているところに男性ホルモンがやってきて邪魔してしまうことが原因なので、薬で男性ホルモンを抑制してあげます。

頭皮に脂が多すぎて毛穴をふさいでしまっている場合は、皮脂除去型の育毛剤。
多すぎる皮脂を除去してくれたり、皮脂の分泌活動を抑制してくれたりします。
「脂漏性脱毛症」と言われたら、このタイプを選びましょう。

フケによる原因でも、フケと皮脂が一緒に毛穴をふさいでいる場合は皮脂除去型の育毛剤を試してみるのもいいかも。
効果がないようなら、角質溶解型の育毛剤を。
角質を潤してフケ防止になります。

またこれらの症状に重複してかかっている場合もあります。
その場合はまず頭皮を綺麗にすることから始め、その後効果の違う育毛剤を併用して使ってみてはいかがでしょう。
夏場など季節によっても皮膚状況が変わるので、季節によって育毛剤の種類を変えることもよいかもしれません。

初めて使う育毛剤は半年は継続しないとその効果が分からないと言います。
すぐに効果がでなくても、あきらめないで。
ゆっくり気長に自分に合う育毛剤を探していきましょう。
育毛剤は何歳から使い始めるものなのか?ということがこちらにかいてありますのでご覧ください。