革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

医薬品の育毛剤の耐性問題

育毛剤は半年は続けてみないと効果がわからないので継続して使う必要があります。
しかし、あまり長く使い続けても耐性ができて効果が出なくなってくることがあると言われています。
これには大変個人差があって、まったく耐性ができない人もいます。
それに耐性ができる育毛剤は限られていて、プロペシアなどの医薬品のものに起こると言われています。
自分に合った育毛剤がみつかったのに、徐々に効き目がなくなっていったら悲しいですよね。
必ずしもどの人も耐性がつくと決まっていませんが、耐性がつかないよう気を付けて使いたい方のための工夫をご紹介します。

一つめははローテーション技。
半年や1年ごとに違う育毛剤に変えて使う方法で、複数の育毛剤をローテーションして使うことで耐性がつきにくくなるというものです。
頭皮の状態が変わる夏季と冬季で異なるものに変えてもよいでしょうし、髪の毛の育毛・脱毛サイクルを見極めながら変えるのもよいでしょう。
自分に効果のある育毛剤が2つ以上あるようなら、ローテーション技が一番おすすめです。

二つ目は使用頻度を変えること。
抜け毛が多い時期には使用法通りの分量(多くは1日2回)で塗布して、少ない時期になったら使用を1日1回に抑えたり、使用を休止したりする方法です。
こうすることによって少し変化が加わり耐性がつきにくくなるというようですが、使用法通り使うべきだという意見もありますし、使用を休止している間は
育毛剤の効果が止まってしまうのであまりおすすめしないという意見も耳にします。

継続して使っていた育毛剤の効果が出にくくなるのは、耐性ができたからでなく、その薬の効果が効いて状態が改善されたからという話もあります。
毛根を活性化させる薬を使って全ての毛根が目覚めたが、その薬には毛根を増やす効果はないため、それ以上の効果がみられないというものです。
この場合は、自分の症状に使っていた育毛剤の効果以外の原因がないかもう一度調べてみましょう。
もしかしたら自分に合う新しい育毛剤がみつかるかもしれません。
こちらには育毛剤を使用する際の注意点が載っています。
注意点や副作用についても理解した上で使用するようにしましょう。