革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

塗る育毛剤か、飲む育毛剤か

育毛剤というと塗布するものというイメージが強いですが、近年飲薬の育毛剤が日本にも入ってきて、話題を呼んでいます。
この飲む育毛剤の代表格がプロペシアという薬。
これは前立腺ガン・前立腺肥大症の治療薬として開発されていたものですが、偶然にも異常に発毛を促すことが発見され、育毛剤として使用されるようになったものです。

このプロペシアは男性ホルモンの乱れを解消してくれる薬なので、男性ホルモンの乱れが原因の薄毛や抜け毛には効果が期待できます。
この薬は脱毛を抑制する効果なので、薄毛予防としてもしようできます。
プロペシアは病院でしか処方してもらえないので、医師に診断してもらうことが必要です。

この薬はあっという間に世界に広がり、今では約60か国で愛用されるようになりました。
副作用として精子の減少や勃起不全が挙げられていますが、服用をやめれば元に戻るようですし、これほど多くの国で使われているなら副作用の心配も少ないのではないでしょうか。
しかし、今のところは保険適用外の薬なので、お値段が少々張るのが玉に傷ですね。

プロペシアを飲薬として使用する際も、育毛シャンプーや育毛剤などの外から刺激を与えることを併用して行うことが進められています。
また、男性ホルモンの乱れが原因の場合はプロペシアは非常に効果が高いですが、ストレスや皮膚トラブルが原因のものは効果が期待できません。
直接皮膚の状態を改善したほうがいい場合は、自分の症状に合わせた塗り薬がよいでしょう。
こちらhttp://www.list-sef.org/も詳しい解説が記載されていました。

塗り薬にもいろいろな効果のものがあります。
皮膚から出る脂が多く分泌されてしまう場合は、脂を抑制する成分の育毛シャンプーがおすすめ。
皮膚に栄養が足りなくなって発毛できない場合は血管を広げて栄養補給しやすくなる育毛剤を。
皮膚が炎症してしまっている場合は、まず炎症を鎮めて皮膚を綺麗にするものを選んでください。
他にもフケ予防をしたり、微生物の殺菌をする薬を塗る必要がある場合もあります。

自分の症状を見極めて、育毛剤を選ぶことが大切です。
また、こちらの種類と選び方についての解説も、大変参考になりますので、ぜひご覧ください。