革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

育毛剤後のドライヤーの使い方

髪の乾かし方は髪の健康に多大な影響があります。
髪が水に濡れてから乾く時は、髪の毛にとって危険がいっぱいなのです。
せっかく頭皮を綺麗にして育毛剤を塗布したのですから、その後乾かす時には細心の注意を払う必要があります。

まず一番いけないのが、濡れた髪をそのままにすること。
髪が濡れたままでいると頭皮の温度は低下します。
頭皮の温度が低下すると血行が悪くなって、薄毛や抜け毛につながります。
血行がよくなるタイプの育毛剤を塗布したあとに髪を濡れたままにしたら、せっかくの育毛剤の効果が台無しになってしまいます。

そして濡れたまま自然乾燥に移行すると、頭皮は雑菌が繁殖しやすい状態になり、髪はキューティクルが軟化してはがれやすくなり、パサパサになります。
頭皮が綺麗でないと育毛剤の効果は半減してしまいますから、雑菌が繁殖したら大変です。
髪を自然乾燥させることだけは避けましょう。

そしてドライヤーを使うことにしても、ドライヤーにも危険がいっぱいです。
使い方を誤ると髪にも頭皮にも熱と乾燥でダメージを与えてしまいます。

まずドライヤーを使う前にしっかりタオルドライ。
タオルでしっかり水分をとることで、ドライヤーの時間を短縮します。
この時あまりごしごししないことがポイントです。
濡れた状態の髪の毛は弱いので、痛んでしまいます。
水分をタオルで吸い取るイメージで行いましょう。

そしてドライヤーの当て方のポイントは、低温で、少し離して、まんべんなく乾かすことです。
一か所を集中的に乾かしたくなりますが、まんべんなくドライヤーを動かすことで熱によるダメージを最小限に抑えます。
最後は乾かしすぎず、あともう少しかなという所でやめておくこと。
これが一番髪にも頭皮にもダメージの少ないおすすめの乾かし方です。

髪を守るのは本当に手間ヒマがかかりますね。
でも大切な自分の髪の毛です。
正しい乾かし方で、髪と頭皮を健康で丈夫に保ちましょう。
育毛剤を使い始める前にこちらをご覧ください。