革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

育毛剤の使い方

まず育毛剤を使う前に、自分の頭皮の状態をチェックしてみましょう。
頭皮が炎症していたり、かぶれていたりすると育毛剤をうまく吸収できなくて、効果が半減してしまうかも。
薄毛の原因自体が頭皮異常の場合だってあるんです。
頭皮が炎症、かぶれているからうまく毛が生えてこないという場合もあるので、頭皮が綺麗になるだけで状態が良くなることがあります。
お医者さんに診てもらうもよし、最近はご自宅でできるマイクロスコープなんてものもありますので、まずは頭皮をチェックすることから始めましょう。

次に、いつ育毛剤をつけたらよいのか?
最も効果を発揮するのは夜寝る前と入浴後です。
理由として、髪は寝ているときに最も成長するから、もう寝るだけとなる夜の時間やお風呂に入った後は抜け毛の原因となるストレスから解放されてリラックスできるから、
入浴後には血流がよくなっており効果が高いから、などが挙げられます。
一日朝と夜2回塗布するタイプの育毛剤が多いですが、夜は断然お風呂に入って後は寝るだけの時間につけることをおすすめします。

いざ育毛剤をつけます。
まずは頭皮に適量を塗って少し馴染ませます。
この時できたら蒸しタオルを巻いて数分馴染ませると育毛剤が浸透しやすくなります。
また塗りすぎは注意! 気になるところを中心に塗布するのはよいのですが、塗りすぎると皮膚を傷めて逆効果になることも。
適量を頭皮に浸透するようにゆっくり馴染ませながら塗るのがベストです。

育毛剤を塗ったら、次にすすぎですね。
すすぐ時のポイントは、シャンプーを使ってしっかり洗い流すこと。
この時すすぎ残しがあるとフケ・かゆみ、そして脱毛の原因になりかねません。
またしっかりすすぎたいからといって、爪を立てるのもいけません。
爪による引っ掻き傷から頭皮が炎症すると、これまた脱毛の原因になります。

そして育毛剤の種類にもよりますが、もう一度育毛剤を塗ります。
この時もしっかり浸透するようにゆっくりと、頭皮マッサージなどをしながら塗るとよいでしょう。
育毛剤は今生えている髪の毛ではなく、これから髪が生える頭皮にしみこませるのが大事です。
また、こちらの育毛剤と添加物についての解説も、大変興味深いです。ぜひ、ご覧ください。